人格の発達と結びついた

    美術教育を進めよう

美術教育を進める会へようこそ

いっしょに学び合いましょう!


「進める会」は全国の保育士や教師、大学教員、絵画教室の先生など、図工・美術に携わる人たちが、互いに実践を持ち寄り、学び合い、研究を進めている会です。特別なかたの教えを請うというのでなく、平等な立場で意見を言い合える自由な会です。

「進める会」は1959年に発足しました。発足以来子どもたちの発達にとっての造形活動に注目しながら研究を進めてきました。会独自の「発達図」は今も会員の実践に基づく研究によって進化中です。ぜひご一緒に、実践を持ち寄り、研究を深めませんか。


冬季シンポジウム、終了しました

 1月13日(月・祝) 会場 和光小学校

 

  山田康彦先生(三重大)の基調講演「平和と美術教育」

  津田先生(岩手)の実践報告「東北被災地でしてきたことーその経過と意義」

  今関先生(高知)の実践報告「描画を伴う鑑賞教育~片隅美術館の実践から」

 

どれも深く、濃く心に訴える内容でした。遠方から参加された方も多く、大きなお土産を持って帰られたと思います。

 

夜は進める会の創立60周年を祝う記念レセプション。こちらも会の創立からの会員や懐かしいメンバーとの楽しい時間になりました。

 

NEWS!

 

 

第57回全国図工・美術教育研究大会in名古屋

   2020年8月8日(土)~10日(月・祝)

   テーマ 子どもたちに、伝え合う喜びと平和な未来をてわたそう!

   後援 名古屋市教育委員会・愛知県教育委員会

京都サークル・東京サークルの2月例会案内

高知サークル

4つの発達別分科会

☆乳・幼児分科会

☆小学校分科会

☆思春期・青年期分科会

☆特別支援教育分科会

「進める会」が大切にしている「手仕事」

よくまわります。色もきれい。
ほら、ぼくのたから物だよ。

作ったもので遊ぶ、作ったものを使う、子どもたちが大好きな活動です。仲間と一緒に試行錯誤しながら工夫して作り出す活動は、子どもたちの手と心を育てます。

 

Facebookものぞいてね